インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に 対する要請について(令和2年7月~9月)

みなさまこんにちは。
高橋 聡です。

消費者庁からインターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(令和2年7月~9月)という情報が公開されてます。

この内容は、消費者庁が令和2年7月から9月までの期間、インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の監視実施結果です。
消費者庁はインターネットにおいて健康食品等を販売している 112 事業者による113 商品の表示について、健康増進法第 65 条第1項の規定に違反するおそれのある文言等があったことから、これらの事業者に対し、表示の改善を要請するとともに、当該事業者がショッピングモールに出店している場合には、出店するショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化について協力を要請しました。

検索キーワード

・「コロナウイルス」、「熱中症」等の疾病の治療又は予防を目的とする効果があるかのような表現
・「免疫力」、「不眠」、「デトックス」等の身体の組織機能の一般的増強、増進を主たる目的とする効果があるかのような表現
・「ダイエット」等の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変える効果があるかのような表現

単品リピート通販だけでなく、楽天市場、Yahooショップ等も対象になるので今一度自社のECサイトの文章を見直す必要があるかもしれませんね。

参考資料

監修のご依頼はこちら


この記事を書いた人

高橋聡(たかはし さとし)
株式会社アートワークスコンサルティング 代表取締役 CEO
美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。
業法(薬機法・景表法)対応のプロフェッショナリスト。
手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。
現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。
コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。
累計200社以上が聴講に訪れる人気セミナーを開催。

関連記事一覧

PAGE TOP